町会長挨拶

 新年明けましておめでとうございます。

 日頃から町会の活動にご支援ご協力を頂き、心より厚く感謝申し上げます。

 昨年は一昨年に続き新型コロナウイルス感染症が広がり、8月には過去最多となる新規感染者数を記録しました。それ以降は減少に転じ、宮前区内では10月中旬以降は新規感染者が0人の日が多く、落ち着いているように見えます。一方、海外では「オミクロン株」が急拡大し、また国内でも市中感染が確認されるなど雰囲気は一変しています。

 コロナウイルスに翻弄されている中、本町会では密となる事が想定される「納涼盆踊り大会」「自主防災訓練」を中止といたしました。また、「敬老慰安会」も会場が密となる為中止としましたが、長年貢献して頂いた80歳(傘寿)以上の方に記念品とともに西有馬小学校4年生からお預かりした300通のお手紙を一緒に贈呈させて頂きました。

 今年はコロナ禍が収まり普段通りの生活が戻ることを願うと共に、町会活動が「住みやすい有馬」に貢献出来るよう、活動を続けて行きたいと思っております。会員の皆さまの益々のご健勝をご祈念申し上げ新年のご挨拶とさせて頂きます。

 

令和四年元旦

                                 有馬町会 会長 伊 藤 昇

 
 

有馬町会沿革

昭和31年3月 有馬町内会創立(会員 190世帯)
昭和41年4月 有馬鷺沼町会に改称(会員 1,350世帯)
昭和61年3月 急激な都市化に伴う会員数増加(会員 7,617世帯)により鷺沼町会・西有馬町会(会員 3,500世帯)・東有馬町会に分割
平成元年2月 住居表示に伴い 有馬町会に改称
平成8年1月 創立10周年記念式典・祝賀会
平成28年11月 創立30周年記念式典・祝賀会(会員 4,700世帯)
令和元年5月1日 ホームページ開設