「街路樹清掃」取材記

日付: 2020年 12月 06日(日)

 まちなかの木々が黄葉・紅葉の秋色をつけている12月6日(日)、町内一斉街路樹清掃を行った。年三回の恒例街路樹清掃だが、今年は新型コロナ感染拡大の影響で、9月と今回の2回の清掃です。コロナ感染拡大への防止策を万全にしての開催でした。

 1丁目から9丁目迄各丁目別に集合して、9時各担当地域の清掃が始まりました。落葉したイチョウの葉など濡れ落ち葉で清掃も大変でした。有馬街道沿いには長いイチョウ並木があり、特に黄色いジュウタンを敷き詰めた落ち葉の量には驚きでした。

 参加者はこどもとご一緒のご家族など多世代にわたる参加もありました。ただしコロナの影響も出ていたかと思われる現象が感じられました。約2時間前後の作業で驚く程の袋の山が出来、自動車に積まれていました。
参加された方々へは、お土産が渡され手にされた皆さんには達成感なのか笑顔がみられました。

 こうして今年度最後の町会恒例「街路樹清掃」が終わった。
街路樹等愛護会部の皆さま、ご参加された皆さまお疲れさまでした。

★当日参加人員(大人147人・こども19人合計166人)
★回収ごみ袋  (45L用346袋・70L用50袋合計421袋)
このデータは、後日の街路樹等愛護会部の報告書から引用させていただきました。

この木下もだいぶ落ちているよね。

イチョウの葉、だいぶ枝についてる!

ママ、たくさん掃き集めたよ。

葉っぱ、山盛り!重たいぞ!

お土産いっぱい、お疲れさまでした。